アレンジができるようになったら。

ヘアスタイルひとつで受ける印象と与える印象が変わります。
そのときの気分に合わせて、自分を表現するために欠かせないのが髪の毛です。
どんなアレンジをしたいのかだけをスタイリストさんに伝えて、後はお任せするのが私流。
今度は、どんな自分に出会えるのかドキドキしながらも、仕上がりを楽しみにしています。

HAIRICHE(ヘアリシェ)育毛エッセンスの口コミと効果を暴露!最安値で購入可能な通販は?

いろいろな自分に出会いたいと思って部分的にパーマをかけてボリューム感を持たせたスタイルにしてみたり、ソバージュにしてカラーを入れたりと、そのときの気分でアレンジを楽しんでいました。

ところが最近の私は、どうやらナチュラルを求めているみたいなんです。
流行のアンテナっていうやつでしょうか、その電波がビンビン飛ばしてくる情報が、ナチュラルなんです。
今までパーマやカラーのスタイルは、それ以上のアレンジをプラスしなくても満足できていましたし、伸びた髪のせいでボリュームが出ても気になることはありませんでした。

しかし、ストレートロングにおしゃれ染めをしていると、もの足りなさ過ぎて飽きてしまうし、ほんの少し伸びたくらいでも、ボリュームが気になってしまうのです。
そこで、スタイリストさんがブローをしてくれるときに編みこんでくれる三つ編みを自分でもできるようにしようと練習しました。
プロのようにはできませんが、段々コツが掴めてきて、それなりの評価をいただけるようになりました。
編み込んで作るお花は、髪の量が多いいほど立体的な仕上がりになるので、ヘアアクセサリーよりもインパクト大な仕上がりになります。
ベレー帽をかぶっているかのような結い方も、ボリュームのある髪の毛の方が帽子をかぶっているように見えるし、リボンの形も量があるからこそできる結い方です。
以前、プロがつくってくれた個性豊かなスタイルは、何もしなくても満足することができていたので、それに似合うメイクや洋服をコーティネートしていました。
でも、ナチュラルスタイルの今は、そのときの気分でコーディネートに合わせてヘアアレンジを楽しむことができるようになりました。
ほんのチョットの工夫があれば、満足なおしゃれができる。
ナチュラルヘアだからこそのおしゃれに気づくことができました。