自分の大量の抜け毛に恐怖する日々

小さな頃から髪の毛のことで悩んでます。

遡ること赤ちゃんの頃は、女の子なのに髪の毛がなかなか生え揃わなくて親に心配されていた。
丸い大きな頭には、吹けば飛びそうなふわふわのケガちょろちょろ。
同じ時期に生まれた子はみんなフサフサ。

http://designauthority.org/

そんな親の心配をひと蹴りするように、小学生になる頃には
しっかりとした黒髪がふさふさなオカッパに成長。

でも、人より伸びるのはゆっくりだったため、ロングヘアーの女の子がママに可愛くてヘアアレンジをしてもらっている姿を見るのが羨ましかった。

そのせいか、見た目をより気にする高校生になってからは意地でも髪を切るもんかと、たまーに美容室で整えるだけにして、当時はやった髪の伸びるシャンプーやリンスを毎日使い髪のお手入れに力を入れた。

大学生になるとやっと憧れの肩下ロングを手に入れた。

そこからはずっとロングヘアーで過ごしてきたが30歳を過ぎた頃から寝起きのブラッシングやシャンプーでごそっと大量に毛が落ちることに気がついた。

ロングの黒髪が多く床に落ちたのを見ると、なかなかのホラー…。

ストレス?体調不良?老化?(まだ30なったところだよ?)
美容室に行ったときに担当してくれたスタイリストさんに相談すると
『それ、抜けたのだけでなく、切れ毛も混じってません?』と言われた。

髪の毛を少し手にとってよく見ると、根本近くで切れている毛がたくさん。

抜けたと思ったホラーな毛には大量の切れ毛が混じっていたようです。

怖かったー!切れ毛だったんだ!良かったー!
一気に肩の力が抜けました。
自分に何が起きたのかと思うほど怖かった。

スタイリストさんは続けて、
『長いとボリュームがあるので、短い毛と同じ量切れたり抜けても多く見えることもありますね。』と言った。

今は切れ毛のケアを以前より頑張るようになりました。
ホラー映画のような落ちた毛はもうゴリゴリです。

年齢や季節ごとの毛の悩みって色々ありますね。