30代になってからの髪の変化

クセなし、毛量普通・太さ普通で俗にいう「サラサラツヤツヤヘア」。
そんな自分の髪の毛が大好きだったので、これまでブリーチやパーマもしたことがなく、自宅で毎日市販のトリートメントをしてお手入れしていました。

MEDULLA(メデュラ)シャンプーを辛口評価!3ヶ月使用した私の口コミと効果が衝撃的?

しかし30代になり、そんな自慢のサラサラヘアに変化が訪れます。
まず最初の変化は、前髪がいうことを聞いてくれなくなったこと。
これまでは素直にまっすぐだったのに、セットしても思うような毛流れにならず、気づいたらぱっくり分け目がついていたりと、微妙なクセが出てきました

この前髪の悩みを担当美容師に相談したところ、今までは髪にハリとコシがあったので、まっすぐ生えていたけれど、年齢とともに髪の毛が細く・軽くなったのでもともとの毛流れが目立つようになってきたとのこと。
突然の前髪のクセは、突然ではなくもともと生まれ持っていた毛の流れが顕著に表れた結果だったのです。

そして2つ目の変化が頭皮の感想です。
30代になりフケの量が増え、気になるようになりました。
また、かゆみを感じることも多くなりました。
シャンプーの種類を変えたわけでも洗髪回数が増えたわけでもありませんが、人の頭皮は年齢とともに皮脂の分泌が減って乾燥していくとのこと。

年齢とともに加速する頭皮の乾燥や毛量の減少を防ぐためにも、シャンプーの種類や洗髪回数を見直す必要があるかもしれません。