私の毛穴はすり鉢毛穴?!

私は、小学生の頃から自分の肌質にずっと悩みを抱えていました。若い時期は皮脂分泌量が過剰なので、どうしてもニキビなどになりやすいです。それは知っていて、ニキビにももちろん悩んでいましたが、それとともに毛穴が皮脂でつまり紫外線の影響で黒く見えてしまうつまり毛穴に悩んでいました。どうにか改善しないかと、当時は今のように簡単に知識を持つことができなかったため、CMでやっていた毛穴パックを試したり、自分で角栓を取り除いてみたりしていましたが治らずに成長してもそのまま。

http://www.idontbuyit.biz/

お化粧しても、時間がたたないうちに毛穴が目立ってきてしまうので自分の顔を鏡で見るのさえ嫌になっていました。しかし、ある日お化粧の時に自分の毛穴が黒ずんでおらず、ただ開いているだけ、これは昔の毛穴とは様子が少し違う。ということに気づき、もう一度調べてみることに。すると私の毛穴の開きはどうやら「すり鉢毛穴」という開き方をしているようでした。

すり鉢毛穴とは、インナードライ肌に多いそうで、普段は肌表面の膜として肌を守る役割をする皮脂が過剰に分泌をし、酸化をしてしまうことで毛穴をすり鉢のような逆三角形の形に削ってしまうというものでした。これは毛穴本来の形が変わってしまうので、自分だけのスキンケアでは直すのが難しく、美容医療に頼るしかないようです…これを知った時に、過去の子どもの頃の自分をどれだけ呪ったかわかりません。

ただ、子どもの頃は先にも話したように情報は限られていますし、紫外線に対して今よりも言われていなかったので浴びっぱなしでしたし、後悔はしていますが仕方ないと思っています。現在は、少しでも小さく見えるようにとにかく保湿を中心に行っています。また、皮脂毛穴にならないように酵素洗顔を使って肌をきれいにしたりと、今の情報をフルに使って毛穴対策をしています。