バランスと臭い

子供の頃、お盆などで身内が集まるときまって叔母さんが「夏場の男性は刺があるような臭いだからあんたも臭いに気をつけなさいよ!」と叔母さんに言われ大笑いをしていましたが、まさか私が体臭で青ざめる日が来るとは想像もしてませんでした。

プルーストクリーム

去年の夏、畳にひいてた敷布団を片付けをしようと手にとったとき「ん?」なんか酸っぱい臭いがする..考えてみたら旦那が昼間、少し昼寝をするからと使ってたのを思い出し、旦那の体臭だとてっきりそう思ってました。しかし翌日の朝、敷布団を片付けようと旦那の敷布団を嗅いだのですが酸っぱい臭いはなく、隣に置いてある私の敷布団を手にとり「まさか..」と思い恐る恐る嗅ぐと酸っぱい臭いがしました。一瞬、何が起こったのかわからなかったんですが、とにかくその敷布団を洗濯することにしました。

洗濯し、干して乾いた敷布団を嗅ぐと柔軟剤の香りで一先ずほっとしました。「昨夜は暑かったから汗をかき過ぎたんだろう」と思い、その日の夜は扇風機とクーラーをつけて就寝しました。が、翌日起きて嗅ぐと「あれ?また酸っぱい臭いがする..」怖くなり旦那に相談すると、もしかして食べ物じゃないか?ほら最近酸っぱい物良く食べてるし。考えてみたら夏の暑い時期で酢豚、八宝菜など酢をかけて食べる料理を頻繁に食べてました。酢で体臭するかな..?と半ば思いましたが一先ず酢を控えるように。

数日経つと、毎朝酸っぱい臭いがあった敷布団は、なんと臭いがしなくなりまた酢の代わりにヨーグルトなど乳酸菌入りの食べ物をいつも以上に食べることによって便通は改善し、酸っぱかった敷布団の臭いは、今ではしなくなったので私自身、驚いてます。酸っぱい物も良いが、一番はバランス良く食事をすることなんだと改めて感じました。