髪に良い食べ物と悪い食べ物

髪は食事で大きく変わります。成分や食べ物について簡単に紹介します。
 髪に良い食べ物は大きく分けて7種類あります。

1つ目は、タンパク質です。髪の基本成分であるケラチンのもとになる上質のアミノ酸を含むタンパク質が多い食品は肉や魚、大豆製品などです。同じタンパク質を含むものでも夕飯は、肉より脂肪分が少ない魚にする方が望ましいです。

ニューモの悪い評判や悪評を徹底検証!タマゴサミン配合育毛剤の効果と口コミ!

2つ目がヨードです。甲状腺の働きを助け髪の発育を促進するヨードを多く含む食品は、わかめや昆布などの海藻類です。
3つ目は、ビタミンE,Aです。血行を良くして抜け毛を防ぐビタミンE,Aを多く含む食品は、ニンジンなどの緑黄色野菜、玄米やゴマ、ナッツ類などです。

4つ目がビタミンA,C,E,Fです。役割はビタミンE,Aと同じです。多く含む食品は、レモンやオレンジなどの柑橘類です。
5つ目がエイコサペンタン酸です。血液の凝固力を下げてコレステロールが溜まるのを防ぐ食品は、イワシやブリなどの背の青い魚です。

6つ目がビタミンBです。頭皮の新陳代謝を促進する食品は、玄米や豚肉の赤身、レバーやマグロなどです。
7つ目がコラーゲンです。髪のツヤやハリをよくする食品は、長芋やレンコン、納豆などです。
以上です。一番問題になるのが脂肪分を取りすぎることです。頭皮の下にある皮脂腺から分泌する皮脂量は、頭皮を健康に保つために重要な役割を果たしています。脂肪分を摂りすぎると皮脂の分泌量が多くなり脂漏性脱毛の原因になります。