降りる時の筋肉を使う方がリハビリに有効的です

日本全国長い階段が有ります。ギネス記録を目指して挑戦も良いかもしれません。少しでも、楽しく筋力アップを目指してみたいです。電車の乗り換えやオフィス内の移動のときにエレベーターを乗らずに階段を使えば、自重筋トレをしているのと同じことになります。さらに、使う筋肉を意識しながらいくつかのバリエーションを使い分ければ、下半身の筋肉をバランス良く筋力をつけることができます。

鍛神(きたしん)の評判と効能!

階段が有るのは、お寺や神社が一番多いと思います。パワースポットも階段が多いので何かのご利益を期待して全国の階段のある場所に行ってみるのをお勧めします。JRや私鉄の階段はまだ多く有ります。観光、スポーツ観戦、色々な場所に階段があるのでエスカレーターを使用しないで階段を使用して筋力の維持を目指しましょう。

階段昇降で筋力アップにつなげてダイエットにもなって健康増進に繋がります。人間はどうしても、楽な方楽な方に向かっていきがちです。通勤のホームに上がる時も楽なエスカレーターを選びがちになります。加齢になると、つい楽な方に行きたくなります。少しでも長生きをしたいのであれば、積極的に階段を使用していきましょう。

会社に着いて、違う部署に行く必要が有る時に、エスカレーター、階段があったとき健康のため階段を使用していくと良い結果が得られます。
階段使用の筋トレをしておくと、仮に火事に合って階段を使って何十段の階段を使って降りていく必要が出てきた時にいくら階段が有っても降りていくことができ助かります。

いつもエスカレーターやエレベーターを使用していると助かる命も助からなくなります。
また、火事でつり革が有れば降りることができるのであれば、階段トレーニングをいつもしている場合に助かることになります。
少しででも長生きを希望するのであれば、階段を見つけて登ったり、降りたりすることも良い結果を生みます。
階段の位置を便利な場所にエレベーターやエスカレーターを不便な場所に移動すると階段の利用が増えます。健康増進、ダイエットにもつながっていきます。