白髪対策ってロールプレイングゲームかなにか?

正直、個人差はあると思うけど、大体40代になってくる頃には白髪の影が忍び寄ってくる人が多いんじゃないでしょうかねぇ。かくいう私自身がこのタイプであったわけで。http://www.tabialees.com/

でも、最初の頃は「まだまだ白髪染めなんて自分には縁なんて無いわ~、あんなの、一部の人だけのものよね」と考えてたわけですよね。実際、表からは全くというほど見えてなかった訳ですし。そうでなきゃ猿のノミ取りじゃ有るまいし、わざわざ鏡の前に座り込んで髪の毛をかき分けて白髪の発掘なんてしないわけですよ。

そんなこんなで、全く暢気に構えてた私な訳ですが、さすがに40代も半ばを過ぎた辺りにメイクをしているときに思わず目線が止まることが起きてきたわけです。前髪の分け目辺りに「ん?光の加減かな?何か白っぽい?」というようなものがちょいちょい出没するようになったんですね。

しかし、いろいろとやらなきゃいけないことも多いから個人的な時間なんてそう取れるもんじゃないわけです。そうなればトリートメントしながら染められる類いのモノに走りますよね。ただ、こういうものって専用の白髪染めほどじゃないですけど、結構手が汚れるんですよね。なので白髪が目立ちそうな所をピンポイントで狙い打ちするわけです。

ただ、そうすると何が起きるか・・・ノーマークのところからにっくき白髪が存在を主張してくるわけです。専用の白髪染めは全体が染まるかもしれないけど、どうしても匂いがキツいし時間もかかる❗なので、私は当面トリートメントタイプで出てくる白髪を撃退していこうと考えているわけです。