意外と見落としがちな「年齢が現れる」3つのパーツ

しみ、しわ、ニキビ、乾燥、さまざまなお肌の悩みをもつ女性が多い。

http://www.portellenclan.com/

そしてそれらは、なんの悩みもない生まれたての赤ちゃんとは違い、

気になる要素が肌に蓄積し、女性がいちばん避けたいであろう

「清潔感がない」「老けている」という印象になりえる。

その要素を分解すると、

・肌が荒れている

・ハリがない(うるおいが足りていない)

・シミやたるみがある

である。

そしてそれが顕著に表れやすいのは「顔」「首」「手」。

そこで気を付けたいのが徹底的な保湿。

いま話題の田中みな実が美容賢者にもてはやされている理由は、

徹底的な努力をしているから。

化粧水を顔のみならず、首、デコルテ、わきにまで塗るという。

1に保湿、2に保湿、3・4に保湿、5に保湿ということだ。

果たしてここまで徹底してケアを行っている人が、

「お肌の悩みがある人」のなかにいったいどれほどいるのだろうか?

お肌の悩みといっても人それぞれ。

乾燥肌、混合肌、脂性肌、敏感肌、おおきく4つに分類されるが

本当に「保湿」が足りているのかを見直すことが美肌への第一歩なのである。

また、化粧水・乳液・美容液などの外からの保湿だけでなく

内側からの保湿も忘れてはならない。

普段ほんの少ししか水分を摂取しないという方も多いのではないだろうか?

この内側の水分不足は、めぐりを悪くし、デトックスが不十分なために

細胞まで必要なうるおいが浸透しないのだという。

1日コップ1敗、300ml、500mlと少しずつでもいいから量を増やし

内側からのうるおいを満たすことで、少しでも若く見える(老けて見えない)

そんな女性に近づけるのである。

さて、内側と外側のうるおい・ケアについて考えた今

翌朝に何をするのか、その行動を変えられるかどうかが

これから先のお肌の悩みに密接にかかわってくるということは間違いない。

ニキビとシワに悩む30代主婦

32歳主婦である私のお肌の悩みは、ニキビと目元のシワです。ハクアージュの最安通販サイトは?

ニキビは思春期の頃からできやすくて、悩みの種でした。大人になれば落ち着くよと言われてきましたが、全然そんなことはないです。

顎回りのニキビでもう人生の半分近く悩んでいます。顎回りのニキビの原因は胃腸の機能低下やストレスと言われているので、食生活には気を使っているつもりです。

夜寝るときは胃腸に負担をかけないために、なるべく19時までには夕食を済ませ、食べ物が消化された状態で寝るようにしたり、暴飲暴食は控えたり。

それでも生理前になってしまうとニキビができて、しかも食欲も増進してしまって、悪循環を繰り返しています。

目元のシワは、27歳くらいから気になっていました。メイクをすると余計シワが目立つような気がします。

なるべく乾燥させないように、化粧下地も保湿成分の入ったものを使いたいんですが、そういうものってクリームタイプのものが多いんですよね。

なので、クリーム下地がシワに入り込んで、余計にシワが目立つような気がしてしまいます。

目元周辺はなるべくメイクを薄くしているつもりなのに、夕方になるとメイクがよれてシワが目立ってしまうので、とても悩んでいます。

時間もお金もかけずに、おば肌から脱却!

「このおばさん、私なの?!」ショッピングセンターの鏡に映っていた自分をふと見て、衝撃を受けました。

鏡に映っていたのは、顔色がくすみ、皮膚がたるんでしまった自分でした。誰がどう見てもおばさんでした。

20代のころは「肌がきれいだね」なんて言われることがありました。化粧水と乳液のシンプルなお手入れでもそういわれることが自慢でした。

30代で出産し、子育てに精いっぱいでお肌を気にかけることはありませんでした。

突然、こどもに誘われ、すっぴんのまま公園に行ったり、お風呂上りも子供にお世話に必死で、化粧水さえ忘れてしまっていました。

こんな5年間のツケだったのでしょう。

シロジャムを購入

こんなおばさんの自分は嫌だ!そう思った私は奮起しました。

とはいっても、独身時代のようにお金も時間もかけることはできません。

そこで、実践したのは2つ。

①ローションパック

高級な化粧水は買えませんが、プチプラの化粧水でもたっぷり使って潤いを与えることが大切と知りました。

お安い化粧水ですが、コットンにたっぷりつけて、お顔に3分ほどパックしました。

②ベロ回し

舌を回すことで、ほうれい線が消えると知り、毎晩、30回まわしました。

どちらも、子育てをしながらも簡単に、お金をかけずにすることができます。

とにかく地道に続けました。

3か月後、またふと鏡に映った自分を見ると、かつての自分から少し変われた気がしました。

まだまだ目指す自分には届きませんが、これからも続け、おばさんから脱却したいと思っています。