クルクルは受け継がれる。

両親共に癖毛である。

父はふんわりカールがかかった猫っ毛。

母は「パンチパーマとれかけ?」と聞かれそうなクルクル癖毛。

そんな2人の血を色濃く受け継いだ私が癖毛にならない訳がない。

小さい頃は強制的にマッシュルームカットにされていたため気付かずにいたが、お年頃になると段々「アレ?」と思い始める。

母程クルクルしてはいないが、かと言ってブラシで梳かしただけでは全く髪が言うことをきかない。あっちを立てればコチラが立たず。学生時代は肩まで伸ばした髪を引っ詰め、ぴょんぴょん跳ねるおくれ毛などはアメピンでパチパチ留めていた。

社会人になる頃にはストレートに憧れて今まで地元の知り合いのおばちゃんがやっているパーマ屋さんではなく、都会の美容室に勇気を出して行ってみる。

「ストレートパーマお願いします!」ドキドキしながらスタイリストさんに伝えると一度は笑顔で「はい」と返事してくれたが、私の髪に触った途端曇り顔。他のスタッフさんも集まり私の後ろでヒソヒソ会議が始まった。

『髪質が…』

『うねりが酷いね…』

『中に行く程うねってるよ…』

鏡越しにスタッフさんの表情を見てダメなのか?と思っていると

「お客様の髪質ですが…クセが思ったよりも強くてストレートかけてもすぐにとれてしまうと思います。どうしてもと仰るならかけてみますが、恐らく無駄になってしまうかと」

もう二十年以上前に言われた台詞ですが、いまだに覚えている。

悔しいやら恥ずかしやら。

しかし、ここまで来た手前タダでは帰れない。

そう思い「いいです。ストレートパーマかけてください」

もう意地。

数時間後

鏡の中には今までとは違う自分が!

髪型一つで人間はここまで変わるのかと。

さすがプロ。

なんだかんだ言っていたが、ちゃんと仕事してくれていた。

お礼を言い、お金を払って美容室を後にする。

もう怖いものなんて何もない。無敵!

家族にも評判良く、気分良く眠りについた。

次の日の朝

鏡の中にはいつもの癖毛が酷い自分が…

スタイリストさんの魔法は一晩で解けてしまった。

一週間以内なら千円でなおしてくれると言われていたが、再び美容室に行く気力も無く…そこから私の人生いつでもまとめ髪で過ごしている。

どうしてこの体験を書き出したのか。それは私の髪質を受け継いだ中一の娘がヘアアイロンを使用しだし、毎朝鏡の前で奮闘しているからである。

我が髪の毛人生ものがたり

若い頃は髪の毛がすごく多く、硬い神の性質でした。

そのため、ショートカットが多かったです。美容室に行って、いつも髪の毛が多くて硬いですねと言われていました

また、パーマを掛けるなかなかうまくかからなかったです

しかし、だんだんショートカットも飽きてくるので、今度は、ロングヘアに挑戦しました。

相変わらず髪の毛の多いさは衰えませんでした。

この事から、髪の毛を少なくするために、紙を空いてもらうことで、何とか落ち着いた髪形になってしまいました。

仕事中はキャプを頭にかぶるため、髪がまとまっていなくても大丈夫でした。

しかし、この多く髪の毛も歳と共に少なくするり、ちょっと寂しくなって来ました。また、白髪もチラホラ出没していたのです。これには、若干ショックでしたね。

髪の毛の質については、あまり問題は無かったですね。

頭皮のケアも髪の毛よりも大事だと言われています。そのため、美容院に行った時は、ヘッドスパを時々してもらいました。自分ではなかなかうまく出来ないので、美容院でやってもらうと最高です。気分も最高です。是非お試しあれです。

白髪やブラウン色に染めることは出来ますが、髪の毛が薄くなるのは簡単に解決がないですが、今は部分ヘアなどあるので、うまく活用することで楽しい人生が過ごせますね

セルフケアを約20年続けた結果…

幼いころから、さらさらストレートが自慢の髪でした。今では死語ですが「天使の輪」がずっとあり、綺麗な髪の毛だねといわれていました。バブリーな頃はこれまた死語ですがロングのソバージュヘアにしたりしましたが、ストレート過ぎてパーマを2度掛けしなくてはいけないほどでした。

結婚し出産後は、多くの方がそうであるように、自分にかける時間もお金も無くなっていきました。下の子が双子で、ますます自分に手間をかけられなくなり、髪の毛に気を遣う事なんて、一番後回しの状態に。そのころから、セルフカット、セルフカラーリング、セルフケアをするようになり、今に至っています。

年齢とともに、だんだんと紙質も悪くなり、白髪も多く出てきました。ここ数年は、セルフの白髪染めが綺麗に仕上がらなくなってきました。さらさらストレートが自慢だったのに、ドライヤーで乾かして洗い流さないトリートメントをしても、天使の輪はおろか、髪の毛全体に腰がなく、頭頂部はボリュームがないのにべとつき、毛先はぱさぱさの状態です。ヘアパックをしたり、シャンプーやコンディショナーを変えても全く改善されません。

肌もそうですが、髪の毛も年とともに弾力が無くなってきています。先日TVで放映していた髪の毛専門のエステサロンを見て、感動しました。私くらいの年代の方で、ぱさぱさでコシがなくなった髪の毛が2~3度の施術で、さらさらストレートに。天使の輪も出ていました。まだまだ、子供たちにはお金がかかりますが、そのサロンへ行くことを目標に、ちょっとずつ貯金を始めています。

天然パーマで生まれて

私は生まれてすぐにチリチリの天然パーマでした。天然パーマが直るように、0歳で髪が生えてすぐに剃刀で髪を剃りおとされました。でも、天然パーマは直る事はありませんでした。小学校入学前までは、くしで髪をとかすことが出来ませんでした。パンチパーマのような髪をしていました。

小学校入学してからは、髪を短く切りキノコカットのような髪を長くしていましたが、田舎の小学校だったことと、髪型をあまり気にしなくてもいい環境だったのでずっとキノコカットでした。中学生の終わり頃から髪を伸ばし、高校1年生ではロングにしていましたが、入学してすぐに行われる応援練習の時、先輩に『パーマかけてんのか』と問い詰められるほど、私の髪は強い天然パーマでした。

雨に濡れると最悪です。前髪なんかクルクルと巻き上がってしまいとても恥ずかしく嫌な思いをしていました。直毛の人がとても羨ましかったです。先輩から言われた『パーマかけてんのか』がとても気になり、思い切ってショートにしましたが、朝にシャンプーをしないと髪はぐちゃぐちゃになり毎日朝シャンの日々が続きました。

社会人になり天然パーマもあまり気にしなくても良くなりましたが、やはり、前髪はクルクルで嫌な思いをしていました。でも、年齢を重ねるうちに天然パーマも少しずつおさまってきて、今は天然パーマであることをあまり気にならなくなりました。