時間もお金もかけずに、おば肌から脱却!

「このおばさん、私なの?!」ショッピングセンターの鏡に映っていた自分をふと見て、衝撃を受けました。

鏡に映っていたのは、顔色がくすみ、皮膚がたるんでしまった自分でした。誰がどう見てもおばさんでした。

20代のころは「肌がきれいだね」なんて言われることがありました。化粧水と乳液のシンプルなお手入れでもそういわれることが自慢でした。

30代で出産し、子育てに精いっぱいでお肌を気にかけることはありませんでした。

突然、こどもに誘われ、すっぴんのまま公園に行ったり、お風呂上りも子供にお世話に必死で、化粧水さえ忘れてしまっていました。

こんな5年間のツケだったのでしょう。

シロジャムを購入

こんなおばさんの自分は嫌だ!そう思った私は奮起しました。

とはいっても、独身時代のようにお金も時間もかけることはできません。

そこで、実践したのは2つ。

①ローションパック

高級な化粧水は買えませんが、プチプラの化粧水でもたっぷり使って潤いを与えることが大切と知りました。

お安い化粧水ですが、コットンにたっぷりつけて、お顔に3分ほどパックしました。

②ベロ回し

舌を回すことで、ほうれい線が消えると知り、毎晩、30回まわしました。

どちらも、子育てをしながらも簡単に、お金をかけずにすることができます。

とにかく地道に続けました。

3か月後、またふと鏡に映った自分を見ると、かつての自分から少し変われた気がしました。

まだまだ目指す自分には届きませんが、これからも続け、おばさんから脱却したいと思っています。

お金を使わずに筋トレ

私はお金を使わない筋トレを継続しています。http://www.s-nishiki.jp/

ジムに行ったりプロテインなどの補助用具は購入しません。

そのためムキムキにはなりませんが、身体の引き締まりは感じています。

メニューとしては、スクワットと腹筋が基本です。

腹筋は回復の早い部位と聞いたので毎日、30回×3セット、下腹に効果のある足あげを30回×3セット行います。

スクワットは2日に1回を半年間継続しています。

私が気になる部位がお腹周りとお尻なので、腹筋とスクワットが欠かせないのです。

もちろん時々は気分転換もかねて他の部位も鍛えます。

腕の力が弱いので腕立て伏せは10回程度を3セット行います。

このようなほとんど自重での筋トレでも、継続していれば身体には出てきます。

まさに筋肉は裏切らない、といったところでしょうか。

食事に関してはたんぱく質を多く摂るように意識はしています。

例えば、毎朝豆乳に青汁を溶かしたものを飲み、昼も夜も鶏肉メインの料理です(時々豚肉も食べますが)

野菜や発酵食品を多く摂るよう意識し、炭水化物は夜のみぬいています。

筋トレを始めると逆に不健康になった、という友人がいたので、食事はあくまで無理をせず、栄養バランスに気を使い、自分が美味しいと思えることを大切に考えています。

現在半年継続できたので、次の目標は1年です。